早期発見が重要

定期的に検査をする

病院内

糖尿病を検査するためには、血糖値とHbA1cを調べることになります。
血糖値の検査では、空腹時血糖値検査、ブドウ糖負荷後2時間値、随時血糖値の検査方法があります。
HbA1cの検査方法は採血によって行います。
糖尿病では血糖値が高いと良くないとよく聞くけど、HbA1cは初めて聞いたといった人もいるでしょう。
このHbA1c値は、ヘモグロビンとブドウ糖が結合することによりできる物質です。
このHbA1cは高血糖の状態が長く続くことで値が上昇します。
そのため、HbA1c値の検査は、高血糖の状態が長く続いているのかをチェックするのに有効な手段です。
この検査では過去1〜2ヶ月程度、高血糖であったかの確認をすることができると言われています。
糖尿病の検査は何科で受診すればいいのかと思う人もいるでしょう。
小岩で糖尿病検査を受けるときには、内科、内分泌代謝内科、糖尿病内科、糖尿病科、糖尿病外来などで受診するのが良いでしょう。
小岩のほどんどの一般内科で検査を受けることが可能です。
また、糖尿病内科や内分泌代謝内科などでは、検査だけでなくその後の治療も可能です。
糖尿病は、そのものの病気よりも合併症を引き起こすことが怖いとされています。
そのため、定期的に小岩の病院で糖尿病検査をすることが大切です。
小岩で検査をして早期発見できれば合併症のリスクも軽減することができます。
どの検査もそれほど時間もかからないことから定期的に検査を受けましょう。

もしもこの症状があったら

困る人

生活習慣病の糖尿病を治療してくれる病院は、小岩にも揃っていますから、その疑いがある時は早めに診察を受けましょう。
糖尿病は暴飲暴食といった食生活の乱れをはじめ、ストレスや運動不足、そして肥満によっても引き起こされます。
そこで、それらに心当たりがないか、普段の生活を振り返ることが自己チェックの第一歩です。
血糖値が高くても自覚症状は殆どないともされていますが、兆候自体は数々見られます。
例えば、頻繁に喉が渇くといったことも、血糖値が高い場合に見られる症状です。
運動によって汗を大量にかいている訳でもないのに、日々の水分摂取量が増加している場合は、糖尿病を疑った方が良いかもしれません。
また、トイレの間隔が短くなる頻尿や、排尿量が増加する多尿なども、糖尿病の症状に挙げられます。
そのほか、以前と比べて疲れやすくなったり、お腹のすく時間が早まることも、多々見られる症状です。
さらに足がしびれる場合や、目がかすむ場合は合併症の疑いもあります。
特に視力が下がっている状況では、眼底出血などの糖尿病網膜症というケースも考えられるのです。
もしもそれらの症状が自己チェックで該当しましたら、小岩の病院でキチンと診てもらいましょう。
血液の状態を調べることで糖尿病の有無が分かりますので、健康診断などを受けていない場合は、小岩の病院で血液検査を受けることも大切です。
小岩には糖尿病に対応する内科が充実しているため、先ずは何れかの外来へ訪れましょう。

2つの臓器が担う役割り

ナース

血糖値を上昇させるブドウ糖は、ヒトが生きていくために必要な成分です。
そこで、体にはブドウ糖を取り組むシステムが備わっています。
食後は小腸などを通じて、ブドウ糖が血中へたくさん流れ込みますが、血糖値が上がったことを察知しますと、すい臓からそれに相応する量のインスリンが分泌されます。
インスリンは血中にあるブドウ糖を各細胞に取り込むことを指示する役割りを持っており、その指示を受けた細胞は、エネルギー源として血液中からブドウ糖を取り込むのです。
また、血中のインスリン濃度が高いことを感知しますと、肝臓でもブドウ糖をグリコーゲンに変換して取り込みます。
インスリンの指示の下、各細胞が血中からブドウ糖を取ることで、血糖値が調節されるのです。
目には見えませんが、食事をした後は体の中でこの動作が毎回行われ、血糖値を健全な状態に保っています。
そして、このシステムが崩れて、適切に血糖値を下げられなくなった状態が糖尿病です。
小岩の糖尿病外来では血糖値を正常に導くサポートを行ってくれますので、まだ糖尿病でない場合でも、血糖値が高ければ早めに相談しておきましょう。
食事メニューや生活面での指導をしてくれますから、小岩の病院で糖尿病の予防に取り組めます。
すい臓がインスリンを放出し、細胞や肝臓が適切にブドウ糖を取り込めれば血糖値は下げられるため、小岩が活動エリアの場合は、小岩のクリニックを掛かりつけ医にしておくのが肝心です。