現代人の多くが抱える病

放置するととても危険

看護師

現代人に糖尿病を患っている人が多いことが問題になっています。
日本では食事メニューの欧州化が進み、コンビニなどが増えたことでおいしい食べ物が手軽に食べられる環境が整っています。
それはそれで便利になったといえますが、同時に現代人の糖質の摂取量が急激に増加することになりました。
糖尿病はかつては中高年の人が患う病気といわれていましたが、現代では若い人の中にも糖尿病と診断される人が増えてきています。
もはや自分は若いから大丈夫などとは一言もいっていられなくなりました。
糖尿病は何も対策をしなければどんどん悪化していきます。
発症したばかりの頃は排尿回数の増加や倦怠感が症状として表れます。
時間が経つと食後に眠気を感じる、物を食べた後なのに空腹感があるなど高血糖の症状が徐々に表れます。
進行の度合いは小岩の病院で教えてもらえます。
疑いを感じた人は行ってみましょう。
小岩の病院では血糖値を測ってもらえます。
血糖値の把握は糖尿病改善のためにとても重要です。
他にも改善のために注意することなどを小岩で教えてもらえます。
今は何ともないという人でも、せめて検査は受けておいた方がいいでしょう。
実は本当に怖いのは合併症です。
糖尿病が極限まで進行すると腎機能の低下などの別の重い病気を発症する可能性があります。
糖尿病が自覚できた時にはその合併症の一歩手前ということもあり得ます。
取り返しのつかない領域に自ら足を踏み込まないためにも、小岩の専門医にフォローしてもらいましょう。

2型が最も多い

病院内

専門医が常駐している糖尿病内科など、小岩は糖尿病の治療に最適な医院が集うエリアです。
外来のほか、入院も可能な医療施設が小岩には揃っておりますので、血糖値で気になる場合がありましたら、専門医に相談するのが最善策です。
また、この病気にも多彩な種類があり、特に2型糖尿病は国内で最も多く、全体のおよそ95%がこのタイプで占めています。
2型糖尿病の発症原因には遺伝的な要素も関係しており、親や血縁者に糖尿病を患っている方がおられる方は、そうでない方に比較して、糖尿病になる確率が高くなっているのです。
また、後天的な要因では、炭水化物やカロリーの取り過ぎなど、食事面を筆頭に、運動不足やストレスといった生活習慣が2型糖尿病の原因になっています。
主に40才以上で発症する場合が多く、体形的には肥満の方、もしくは過去に肥満だった方に多く見られるのが特徴です。
もしも高血圧の症状と合わさった場合、糖尿病性腎症といった合併症に発展しますので、血糖値が高い際は、早い段階で小岩の病院で診察を受けた方が良いでしょう。
そのほか、妊娠糖尿病という種類もあり、これは妊娠中に症状が出たり、もしくは発症まで至らない場合でも、血糖値が高い状態であることを指します。
妊娠しますと、胎児へ栄養を届けるために血糖値が上昇したり、インスリンの働きを抑えるホルモンが胎盤から分泌されるなど、それらが主な原因となっているのです。
お腹の中の胎児にも影響を与えるリスクがありますから、血糖値のコントロールを適切に行うためにも、小岩の医院で相談しておきましょう。

認知症の発症が2倍

考える人

小岩の病院では糖尿病の治療を行っていますが、高齢者の割合が多いとされています。
全国において、70歳以上になると5人に一人が糖尿病を発症しているとされています。
なお、治療をしている人だけでなく、その疑いがある人も多くいます。
小岩の病院では糖尿病の患者のそれぞれの症状ごとの治療を行ってもらえます。
初期なら食事療法等になり、合併症があればその治療も行います。
小岩の病院で糖尿病の患者の中には、認知症の人もいるようです。
認知症には、アルツハイマー型と脳血管型があり、どちらにおいても発症リスクが2倍近くになるとされています。
それも、元々糖尿病の期間が長ければ長いほどなる可能性が高くなるとされています。
脳血管型の認知症は、血液がドロドロになって血管に負担がかかることで起きます。
食生活に問題がある状態が続くとなりやすくなるのでしょう。
小岩の病院でアルツハイマー型の人も元々発症していた人がいます。
アルツハイマー型は、脳に所定のたんぱく質が沈着することで置きやすくなります。
インスリンの分泌が低下するとこのたんぱく質が沈着しやすくなるとされていて、発症リスクが高くなります。
糖尿病の治療は、食事療法の他に、運動療法を取り入れている場合が多いです。
運動をたくさん行なうことで糖が使われるため、糖尿病の症状がよくなってくるでしょう。
また、筋肉をつけると糖を取り込みやすくなり、インスリンの効果も上昇します。
運動療法は、高齢者でも継続しやすいウォーキングや簡単な筋トレがメインとなります。