1型と2型の発症要因

治療は地元の病院で

病院

一度発症しますと、糖尿病は長期に渡る治療が必要です。
そこで、お住まいやお勤めが小岩エリアの場合は、小岩の病院で治療を受けるのが良案です。
小岩には糖尿病診療で定評がある医療施設も数々ありますから、安心して通えます。
また、糖尿病は予備軍の数が非常に多いことでも知られているため、現在特に症状が出ていない場合でも油断は禁物です。
2型糖尿病は主に40代以降の中高年に多い病気ですが、小児糖尿病とも言われる1型は、10代やそれ以下でも発症するケースがあります。
1型は発症年齢が若年ということもあり、生活習慣などはそれほど関係ないとされているのが特色です。
免疫機能は、ウイルスや病気などを撃退して、体の健康を守る働きを持っています。
ところが何らかの影響により、すい臓の特定の細胞を外敵と誤認して、攻撃してしまうことが1型の直接的な原因です。
その細胞が壊されたことで、すい臓はインスリンの分泌能力が下がり、血糖値の高い状態が続いて1型糖尿病を発症します。
それに対しまして、2型糖尿病は生活習慣病の代表格でもあるように、ストレスや飲酒や運動不足、そしてカロリーの過剰摂取などが引き起こす病気です。
昼は油分の多い外食、仕事が終わった後はお酒、そしてシメの麺類など、カロリーとアルコールと炭水化物を沢山摂ることが危険因子となります。
もしもその生活習慣に該当する場合は、糖尿病を未然に防ぐためにも、症状が出る前に小岩の病院で糖尿病対策をしておきましょう。

定期的に検査を受けよう

ドクター

小岩の内科を受診し、健康診断を受けたことによって糖尿病を発症していることが分かったら、すぐに治療をしてもらいましょう。
というのも、糖尿病は放置しておくと様々な合併症を引き起こしてしまうことがあるからです。
どちらかというと、糖尿病そのものは大したことがなくても、合併症によって症状がひどくなってしまったり、命の危険がともなったりすることがあります。
まず、最初に受診した小岩の内科でさらに詳しい検査を受けてみることをお勧めします。
通常、その小岩の内科で治療が行われます。
糖尿病は内科担当の病気だからです。
そのまま小岩の内科で治療を受けられますが、中にはもっと専門のところで診てもらいたいという人も居ます。
もちろん、セカンドオピニオンの受診は自由です。
最近は世間的にも糖尿病患者が増えてきていることもあり、専門の科が設けられている病院もあります。
予備軍の人も多く、この場合は発症しないように健康指導をしてもらえるところを受診すべきです。
このように、程度に合った内科を受診しましょう。
特に大変なのは、合併症によって失明してしまうことです。
実は、糖尿病によって目に異常が出てしまうことがあります。
そのため、発症したら内科だけではなく、通常、眼科も受診します。
眼科で検査を定期的に受けることで失明の危機を回避することも可能です。
他には足指の壊疽などが挙げられます。
つまり、足の指が腐ってしまうという状態です。
これを回避するためにも、きちんと健診を受けましょう。

栄養バランスのよい食事を

聴診器

糖尿病の初期には自覚症状がほとんど現れないため、病気に気がつかず悪化させてしまうケースが少なくありません。
最近お手洗いに行く回数が増えた、のどが渇く、ちょっと忙しいとすぐ疲れるなどの症状が家族に現れたら、小岩にある医療機関での検査を勧めましょう。
糖尿病は生活習慣病ですから、家族の誰かが糖尿病または予備群であると診断された場合、小岩で同じ食生活を送っている他の家族も、糖尿病リスクが高いことが考えられます。
糖尿病治療は食事療法と運動療法を正しく行うことが基本であり、栄養バランスの整った食事を規則正しく食べることが大切で、塩分の多い食べ物や甘いお菓子、炭酸飲料、油っこい食べ物は控えなければなりません。
糖尿病患者本人だけでなく、家族皆で生活習慣を改善していくことが望まれます。
適切な運動と食事で、小岩の家族全員が糖尿病を予防できるのはもちろん、患者自身も大いに励みになることでしょう。
但し、全ての食事内容を患者と同じにすれば、成長期のお子さんや活動量が多い若い人は、栄養不足になり健康を損ってしまう危険があります。
そんな時は、個別におかずを一品多くしたり、量を増やすなどのカロリー不足にならない工夫が必要です。
食事療法は、長い年月をかけて継続することが重要ですから、患者本人も大変でしょうが、献立を考えたり調理する家族も大変な負担になります。
時には小岩の糖尿病食の宅配サービスや、市販のレトルト食品を上手に利用して、ストレスを溜めずに患者をサポートしていくことが大切です。